ドリームゲーム®とは

複数の人から誰かを選ぶとき、日常生活では「じゃんけん」で決めますが、懸賞では(不透明な)抽選になります。しかし、抽選はハガキ時代の手法で、今では「オンラインじゃんけん」も可能なはず。とはいえ、応募者の多い懸賞で、普通にじゃんけんをやるのは時間がかかりすぎます。そこで当社では、この課題を解決して特許を取得。面白くて、抽選過程が目で見えるネット懸賞サービス「ドリームゲーム®」を提供しています。



参加はワンクリック

応募者がそれぞれ選んだ選択肢(例えばグー・チョキ・パー)を使い、トーナメントの1回戦から決勝戦まで”同じ選択肢”で自動対戦を行い一瞬で当選者を決定します(特許第5219012号)。その際、あいこでも何らかのルールで必ず勝敗をつけます(下記の例では、勝ち数の多い方の勝ち。勝ち数が同じなら、奇数回戦はエントリー番号の早い方、偶数回戦は遅い方の勝ち)。


下記のように2位以下の全員の順位が、応募者が何万人いても一瞬で決定するので、飛び賞やブービー賞など、順位ごとの賞品設定ができます。



ドリームゲーム®は、ワンクリックで参加でき、老若男女誰でも当選確率が同じ抽選ゲームです。抽選の透明性があり、しかも応募者が自ら選んだ手が当落を決めるので面白く、はずれても納得がいきます。なお、三すくみの選択肢は「じゃんけん」だけでなく、アイデア次第で無限に考えられ、また貴社の商品に合わせたものにすることが可能です(〆切後の得票数の順で「1位は2位に勝つが3位に負ける」といったルールとし、得票数4位以下を足切りにすれば、選択肢は十択でも百択でも可能)。

   

組み合わせ方法

勝敗は組み合わせ次第で決まるため、事前に決めておきます。

(1)応募者の並び順・・・応募順。名前(ハンドルネーム)順、会員番号順、住所順 など。

(2)トーナメント表の枝の作り方・・・応募者数がちょうど2の累乗でない限りは、全員の対戦回数が同じにはならない為、 2進法を使ったトーナメントの枝の作り方も事前に決めておきます(特許出願中)。



懸賞のエンタメ化

対戦は全て自動で行われますが、その様子を各自のスマートフォン等に再現し、抽選結果の確認をゲーム感覚で楽しめるようにすることが可能です(特許出願中)。なお応募者の住所で組み合わせを決めれば、市区町村から都道府県、そして全国大会へと勝ち進む面白さが生まれます。またFacebook等のソーシャルログインを導入すれば、ユーザー同士がつながるキャンペーンも可能です。

 


奥が深い抽選ゲーム

グー・チョキ・パー等の選択肢の投票数に差があると、それにより各々の当選確率に差が出ます。たとえば下記の例では、グーが極端に多いため、まずチョキが急速に減り、その影響でパーが減らないので、逆にグーが早くに全滅し、結果的にチョキが優勝する確率が高くなる。このような戦況解説を当選発表時に加えることにより、エンターテイメント性をさらに向上させることができます。


比率や応募数による様々なシミュレーション


メリット=高い集客効果

販売促進の王道「懸賞」の集客効果は、以下の4要素で決まります。

(1)賞品の内容と個数(当選確率)
(2)信用性(高価な賞品でも怪しければダメ)
(3)面白さ
(4)告知媒体

ドリームゲーム®には、上記4要素のそれぞれにおいて、高い集客効果が得られる仕組みがあります。

(1) 賞品は、「高価なもの」「希少なもの」であればあるほど集客効果がありますが、では、「CDの購入者から抽選で10名を、アイドルとの食事会にご招待」という企画はどうでしょう。賞品としては申し分のない企画ですが、実際にはこうした企画はまずありません。なぜなら、透明性のない言葉だけの「厳正な抽選」では、ファンの信頼を得られないからです。また、弊社では懸賞の楽しさを多くの人に知ってもらうために、当選確率の高いエリア懸賞に力をいれていく予定ですが、ここでも透明性がなければ「あのラーメン屋のオヤジ、常連の俺をハズしやがった」という逆効果になりかねません。つまり、高価な賞品、希少な賞品であればあるほど、当選確率の高い身近な懸賞であればあるほど、抽選の透明が必要になるのです。

(2) 無名の企業が「抽選で1名に100万円が当たる」という懸賞をやっていても、応募する人はそう多くはいないのはないでしょうか。数年前に某出版社の架空懸賞が話題となりましたが、たとえ知名度のある会社でも、ユーザーの懸賞に対する信用は100%ではなく、より多くの集客を獲得するには、100%の信頼、つまり抽選の透明性が必要です。

(3) 現在、面白さのある懸賞といえば、ルーレットやミニゲームなどの「スピードくじ」に限定されており、多人数の中から当選者を選ぶ懸賞としては、ビンゴゲームくらいしかありません。

(4) 一般企業が(オープン)懸賞を実施する際は「懸賞サイト」に登録して集客するのが一般的です。しかし、懸賞の応募方法が有料のハガキから無料のネットへと変わったことで、懸賞マニアが懸賞サイトに掲載されている懸賞に片っ端から応募するという事態が発生し、マニア以外はなかなか当選しなくなり、次第に応募者はマニアばかりとなりました。では、多くの人の目を再度懸賞に向けるにはどうしたらよいでしょうか。一つの答えは前述のローカル懸賞ですが、もう一つの答えは、マニアだけでなく、誰もが利用する懸賞サイトをつくることです。弊社では、特許を取得した透明性と、エンターテイメント性(ハズレでも楽しい)のある懸賞により、誰からも愛される新しい懸賞メディアを、早期に提供させていただきたいと考えています。<事業パートナー急募>


© AsahiKikaku. All Rights Reserved.