貴社の販促を強力にサポート!
オープン懸賞やクローズド懸賞の企画段階から、抽選までのお手伝いをさせていただきます。

はじめに ドリームゲーム®とは

抽選で誰かを選ぶとき、日常生活では大抵「じゃんけん」で決めますが、懸賞では「主催者による抽選」になります。しかし、これはハガキ時代の手法であり、今ならオンラインじゃんけんによる抽選も可能なはず。とはいえ、応募者が多い懸賞では、普通にじゃんけんをやるのでは、とんでもなく時間がかかってしまいます。そこで当社では、この問題を解決し、面白くて抽選過程が目で見える、これまでにないネット懸賞サービス「ドリームゲーム®」を提供いたします。

ドリームゲーム®の抽選方法 《特許第5219012号》


ワンクリックで、当選者や応募者全員の順位が決まる抽選ゲーム

各自が選んだ手(例えばグー・チョキ・パー)を使い、トーナメントの1回戦から決勝戦まで同じ手で対戦を行います。また、あいこの場合も、下記のようなルールで、必ず勝敗をつけます(たとえば、その時点で勝ち数の多い方の勝ち。勝ち数も同じの時は、奇数回戦はエントリー番号の早い方の勝ち、偶数回戦は遅い方の勝ち)。


下記のように、2位以下の全員の順位も自動的に決定できます。                

ワンクリックで参加でき、勝つためのテクニックもないので、老若男女誰でも当選確率が平等な抽選ゲームです。抽選の透明性があり、しかも応募者が自ら選んだ手が当落を決めるので面白く、また、はずれても納得がいきます。ルールは「じゃんけん」だけでなく、スポーツのルールや、実施企業・商品に合わせたものにすることも可能です。

トーナメントの組み合わせ方法

勝敗は組み合わせ次第で決まるため、事前に決めておきます。
(1)応募者の並び順・・・応募順。名前(ハンドルネーム)順、会員番号順、住所順 など
(2)トーナメント表の枝の作り方・・・応募者数がちょうど2の累乗でない限りは、全員の対戦回数が同じにはならない為、 2進法を使ったトーナメントの枝の作り方も事前に決めておきます(特許出願中)

懸賞のエンタメ化で応募者の増加を図ります

対戦は全て自動で行われますが、抽選の様子を各自のスマートフォン等で再現し、抽選結果の確認をゲーム感覚で楽しめるようにします(特許出願中)。  

単純だが、奥が深い抽選ゲーム

グー・チョキ・パー等の三択の比率に差があると、それにより各々の当選確率に差が出ます。たとえば下記の例では、グーが極端に多いため、まずチョキが急速に減り、その影響でパーが減らないので、逆にグーが早くに全滅し、結果的にチョキが優勝する確率が高くなります。

比率や応募数による様々なシミュレーション

サービス一覧

現在、PRを兼ねすべて無料または格安にて請け承っております。

オープン懸賞企画の運営代行

商品・サービスの購入を条件とせず、誰でも応募できるオープン懸賞において、抽選過程を可視化することにより、 「メルマガ購読にチェックを入れなくても当たるのか」 「そもそも本当に当選者はいるのか」といった抽選への不信感を払拭し、「もしかしたら当たるかも」という現実感のある期待感を高め、さらには自らの選択が自らの当落を決める面白さや、 全国ランキングが出る面白さにより、懸賞マニアだけでなく、 一般ユーザーからの応募の増加を図ります。

クローズド懸賞企画の運営代行

たとえば「新曲の購入者から抽選で10名を、その歌手との夕食に招待」という企画が難しいのは、 「厳正な抽選」というだけでは、ファンの信頼を得られないからではないでしょうか。 購入客が対象のクローズド懸賞では、抽選の透明性が不可欠であり、 ドリームゲーム®の長所がより発揮されます。
【当選確率の上昇率を可視化】
たとえば菓子5個購入で1口応募できる場合。7個購入すれば2回戦から参戦のシードとなり当選確率2倍、10個購入すれば3回戦から参戦のシードで当選確率4倍、15個購入すれば4回戦から参戦のシードとなり当選確率8倍というように、 買えば買うほど「可視化された」当選確率が加速度的にアップするようにすることで、リピート購入を強力に促進することもできます。(特許出願中)

団体戦による大量集客

例えばサッカーのPK戦ルール(選択肢は”右・中・左”の三択。あいこ以外ならゴール)で5人1組を応募条件とし、学校や職場対抗等にして実施すれば、応募者の連鎖的な拡大が図れ、大量集客や売上の急拡大も可能です(特許出願中)。

ハッシュタグキャンペーンの運営代行

TwitterやInstagramのハッシュタグを使ったSNSキャンペーン(オープン懸賞)には、様々な長所がある一方で、いくつかの課題もあります。ドリームゲーム®ではこれらの課題を解決し、より効果の高いハッシュタグキャンペーンをご提供します。⇒企画書ダウンロード(PDF)     ⇒ドリームゲーム®を使用したTwitter懸賞の実施事例

Facebook懸賞の運営代行

自社のFacebookページ内で実施するオープン懸賞にも、様々な長所がある一方、いくつかの課題があります。ドリームゲーム®ではこれらの課題を解決し、効果の高いFacebook懸賞をご提供します。⇒企画書ダウンロード(PDF)
(Facebookページのコメント欄で実施した事例)

懸賞+クーポンによる集客代行

住宅業界では見込み客集めを目的に、1棟限定特別価格や購入資金プレゼントを実施して、 ホテル等で公開抽選をしていますが(なお景品法では、このようなプレゼントは「値引き」であり、景品ではありません)、ドリームゲーム®はこれをオンラインで実現。具体的には、たとえばエステティックサロンの入会キャンペーンなら、まず数十万円分の利用券が当たる懸賞を実施して注目を集め、見込み客である落選者に対し、残念賞として特別クーポンをプレゼントしてアクションを促します。懸賞で見込み客を集め、外れた人に対し割引価格で営業をかける手法は、 抽選方法が不透明だと最初から後者狙いと思われてしまうため、 懸賞+クーポンという2つのお得系プロモーションの組み合わせは現在ほとんどありません。 住宅や自動車などの「高額商品」はもちろん、増改築、旅館やホテルの宿泊券、 「抽選で1組さま披露宴が20%オフ!」というように、サービス業にも適しているだけでなく、eコマース上なら目玉商品を抽選とし、はずれた人に他商品の特別クーポンを配布したり、飲食店のようなリアル店舗でも実施可能です(リアル店舗で不透明な抽選を行えば、常連客に対し逆効果にもなりかねません)。 ⇒企画書ダウンロード(PDF)

会員向け懸賞企画の運営代行

クローズド懸賞同様に抽選の透明性が不可欠なのが、会員向け懸賞企画です。現在、会員向け懸賞ゲームとしては「すごろく」や「ビンゴゲーム」などがありますが、ドリームゲーム®は、より簡単に、しかも透明性のある懸賞をご提供します。たとえば、ポイントサービスの会員に対し、2回戦敗退で1ポイント、3回戦敗退で2ポイント、優勝者には10000ポイントといったイベントも開催できますが、会員間で抽選で付与するポイントに差をつけることは、抽選の透明性が無ければ不可能なことです。

(事後抽選方式の)懸賞付きダイレクトメールの印刷

郵送のダイレクトメールは、経費がかかる割に開封率が低いという問題があります。そこで、開封率を高めるために、その場で結果のわかるインスタントウィン方式の懸賞(スピードくじ)がしばしば行われていますが、この方法では、ハズレだった場合、肝心のダイレクトメールに対する顧客の印象が悪くなってしまいます。 そこで、ダイレクトメールの中に固有のシリアルナンバーを印字し、ドリームゲーム®を使って通常の懸賞と同じく事後抽選方式の懸賞を実施することで、開封率のアップと、スポンサーサイトへの確実な誘導を図ります。事後抽選方式の懸賞にすれば、その場でハズレになるわけではなく、当選への期待が持てるため、ダイレクトメールに対する印象が悪くなることはありません。また、抽選の透明性があり、顧客が自ら選んだ選択肢で当落を決めるため、はずれても納得がいくという利点があります。なお郵送のDMに限らず、メール広告やメルマガでも実施できることはもちろんであり、この手法は年会費等がなければ、オープン懸賞の扱いになります。

懸賞付き共同購入型クーポンサイト「J-PON」(現在は休止中)

共同購入型クーポン(グルーポン系サイト)の問題点は、半額の味を占めた客が、倍の金額を支払って再び食べに行くケースは稀なこと。つまり「大きな割引率」自体が、リピートの阻害要因となっている点です。そこで割引率はなるべく低く設定し、その代わり抽選で100%オフの可能性もあるという、画期的な懸賞付きクーポンサイト。2011年10月リリース。現在は休止中。⇒http://www.j-pon.com/

その他

・ソーシャルゲーム
・TV番組の視聴者プレゼント
・BtoB取引での販売促進(例:期間中の広告出稿に対し抽選で広告料金が半額)
  , etc.

運営会社

共同事業パートナー急募!(2018.9)

東京・板橋の印刷企画会社である当社では、本サービスの本格的事業化のため、広告会社様またはネット企業様の共同事業パートナー(1社)を求めています。

【ドリームゲームの夢(世界を一つに!)】

   インターネットが未だ成しえていないもの、 それは大規模なネットイベントです。インターネットが登場したとき、ブログやSNSを予想した人はいたでしょうか。直接民主制のごとく、全国民がひとつの場に集まって議論することもできる、夢のメディアと期待した人も多かったのではないでしょうか。ところが現実には、インターネットは社会を一体化することはなく、多様化する消費者ニーズをとらえ、ロングテールを顕在化し、個衆の時代を創りだしました。

   十人十色の時代も結構ですが、ワールドカップやオリンピックの時のように、国中がひとつになる出来事は、やはり素晴らしいものです。そもそもオリンピックの国内予選に出る資格は全ての国民にあるはずですが、その機会は存在しません。“参加することに意義がある”の精神からすれば、希望する国民全員が100メートル走って代表を決めるべきですし、第一その方が絶対に盛り上がります。

   ドリームゲーム®なら全国民が参加して決める「本当の意味での」日本一決定戦が開催できます。まずは、今のオリンピックや紅白歌合戦のような観戦・鑑賞型の国民的イベントではなく、全国民参加型のネットイベントを開催し、将来的には全世界の人が参加するドリームゲームで、世界を一つにすること。それがドリームゲームの夢です。

「未来には、誰でも15分間は世界的な有名人になれるだろう」アンディ・ウォーホル