ドリームゲーム®の抽選方法 《特許第5219012号》                        ※「ドリームゲーム®」は登録商標です。

ワンクリックで、当選者や詳細な順位が決まる懸賞ゲーム

トーナメント表 各自が選んだ対戦データ(例えばグー・チョキ・パー)を使い、トーナメントの1回戦から決勝戦まで同じ手で対戦を行います。

あいこの場合も、下記のようなルールで、必ず勝敗をつけます。

 その時点で勝ち数の多い方の勝ち、
     勝ち数も同じの時は
       1・3・・・(奇数)回戦はエントリー番号の早い方の勝ち
       2・4・・・(偶数)回戦はエントリー番号の遅い方の勝ち

組み合わせ方法矢印

ワンクリックで参加ができ、勝つためのテクニックもないので、老若男女、誰でも当選確率が平等な懸賞ゲームです。抽選の透明性があり、しかも応募者が自ら選んだ手が当落を決めるので面白く、また、はずれても納得がいきます。さらに、上記のように、詳細な順位を公正なルールで決定したり、「じゃんけん」だけでなく、実施企業・商品に合わせたゲーム内容やルールにすることも可能です。
  実施事例(某サイト2周年記念Facebook懸賞 トーナメント結果)


トーナメントの組み合わせ方法

勝敗は組み合わせ次第で決まるため、事前に決めておきます。


(1)応募者の並び順(例)
・応募順
・名前(ハンドルネーム)順
・会員番号順
・ユーザーネーム順(Facebook懸賞)
・住所順  etc.
組み合わせ方法
(2)トーナメント表の枝の作り方(右図)

応募者数が2の階乗でない限り、不戦勝が発生するため、
トーナメント表の枝の作り方も事前に決めておきます。
 (例えば、応募者が5人の場合は、右図の6,7,8の枝が空になる)

 

 

現在、すべて無料または格安にて請け承っております。


オープン懸賞企画の運営代行

商品・サービスの購入を条件とせず、誰でも応募できるオープン懸賞において、抽選過程を可視化することにより、 「メルマガ購読にチェックを入れなくても当たるのか」 といった抽選への不信感を払拭するとともに、 当選に対するリアリティ、期待感を高め、さらには自らの選択が自らの当落を決める面白さや、 全国ランキングが出る面白さにより、懸賞マニアだけでなく、 一般ユーザーからの応募の増加を図ります。


クローズド懸賞企画の運営代行

たとえば「新曲の購入者から抽選で10名を、その歌手との夕食に招待」という企画がないのは、 「厳正な抽選」というだけでは、ファンの信頼を得ることが難 しいからではないでしょうか。 購入客が対象のクローズド懸賞では、抽選の透明性が不可欠であり、 ドリームゲームの真価が、オープン懸賞以上に発揮されます。


会員向け懸賞企画の運営代行

クローズド懸賞同様に抽選の透明性が不可欠なのが、会員向け懸賞企画です。現在、会員向け懸賞ゲームとしては「すごろく」や「ビンゴゲーム」などがありますが、ドリームゲーム®は、より簡単に、しかも透明性のある懸賞をご提供します。


Facebook懸賞の運営代行  無料

自社のFacebookページ内で実施する懸賞には、さまざまな長所がある一方、いくつかの課題もあります。ドリームゲーム®ではこの課題を解決し、 効果の高いFacebook懸賞をご提供します。詳細は下記をご覧下さい。

     http://www.slideshare.net/kazuakikumashiro


Twitter懸賞の運営代行  無料

Facebook懸賞と同様の長所があるTwitter懸賞ですが、特に拡散効果が大きいのが特長です。

    ドリームゲーム®を使用したTwitter懸賞の実施事例


(事後抽選方式の)懸賞付きダイレクトメールの印刷  無料(印刷代は除く)

郵送のダイレクトメールは、経費がかかる割に開封率が低いという問題があります。そこで、開封率を高めるために、その場で結果のわかるインスタントウィン方式の懸賞(スピードくじ)がしばしば行われていますが、この方法では、ハズレだった場合、肝心のダイレクトメールに対する顧客の印象が悪くなってしまい、かといってハズレを無くせば、膨大な経費がかかります。
そこで、ダイレクトメールの中に固有のシリアルナンバーを印字し、ドリームゲーム®を使って通常の懸賞と同じく事後抽選方式の懸賞を実施することで、開封率のアップと、スポンサーサイトへの確実な誘導を図ります。事後抽選方式の懸賞にすれば、その場でハズレになるわけではなく、当選への期待が持てるため、ダイレクトメールに対する印象が悪くなることはありません。また、抽選の透明性があるうえ、顧客が自ら選んだ手で当落を決めるため、はずれても納得がいくという利点があります。

            懸賞付きDM問い合わせ先 ; アサヒ企画株式会社 担当 神代(クマシロ)  kumashiro@ahk.co.jp


懸賞+クーポンによる集客代行

住宅業界では見込み客集めを目的に、1棟限定特別価格や購入資金プレゼントを実施して、 ホテル等で公開抽選をしていますが、ドリームゲーム®はこれをオンラインで実現します。懸賞で見込み客を集め、外れた人に対し割引価格で営業をかける手法は、 抽選方法が不透明だと最初から後者狙いと思われてしまうため、 懸賞+クーポンという2つのお得系SPの組み合わせは現在あまりありません。 住宅やマンション、自動車などの「高額商品」はもちろん、エステや増改築、 「抽選で1組 披露宴が20%オフ!」というように、「サービス業」にも適しています。


国民的規模のネットイベント  事業者募集中

日本中がひとつになるような、全国民がプレーヤーとして参加できる夢のビッグイベントも、ドリームゲーム®なら不可能ではありません。 全国民が参加できるからこそ言える「本当の意味での日本一」決定戦や、 全国民的なランキング付けを、景品付きの懸賞ゲームとして実施できれば、大きな広告ビジネスになるだけでなく、アンディ・ウォーホルが予見した 「誰でも15分間は有名人でいられる時代」を実現できます。
具体的には、企業名や商品名を冠に付け、今週は「○○○カップドリームゲーム」、 翌週は「△ △ △ドリームゲーム」というように、週に1回懸賞イベントを開催します。 必要な時間は週に1、2分程度だけ。それで誰もがゴルフのトーナメントツアーの選手のように、「日本一」や「年間賞金王」を目指すこともできる、遊びと実益を兼ねたつつましい大衆娯楽を目指します。

⇒⇒日本をひとつに。ドリームゲーム®が最終的に目指すもの


懸賞プラットフォーム  事業者募集中

懸賞は「販売促進の王道」と言われるとおり、日々様々な企業が実施しています。 しかし、もし「懸賞プロモーションのプラットフォーム」があれば、企業は多大な広告費を使わずにすみ、 消費者の方も労せずに様々な懸賞情報に出会うことができます。 ドリームゲーム®は、今までにない懸賞(アプリ)サービスを提供することで、懸賞のプラットフォームを目指すとともに、 最終的には日本国内で1人1アカウントを目指します。